人気ブログランキング | 話題のタグを見る

乙女文楽 桐竹 繭紗也さん

以前「鶴の恩返し」の朗読をした時、文楽人形(つう)で共演して頂いて以来、懇意にして下さっている桐竹さんが、吹田市浜屋敷で「鷺娘」を昨夜上演された。共演の 津軽三味線奏者久保比呂誌氏作曲の音楽(シンセサイザ-)に合わせて、見事に鷺娘を演じられた。

「黒髪」の時は、一人遣いなので手・足・頭共桐竹さんと人形は殆ど一体化しているが、鷺娘は足・頭は離れ見事に両手だけで遣われる。 浜屋敷の黒い柱に停まったり、舞台で息絶える様など、見事としか言い様がない。 今後のますますのご活躍を・・・。
by roudokukoubou | 2007-01-22 16:05 | 日々の出来事