芸術鑑賞の2日間

 昨日4月20日(日曜日) 阪急石橋駅から15分ほどの 大阪大学会館へ、 ワンコイン

市民コンサートに行ってきた。 ピアノ演奏であった。

 来月5月25日(日)に朗読工房の松尾佳世子がこのコンサートに、和泉式部の和歌の

朗詠で参加させていただくため、下見を兼ねて行かせていただいた。

 5月はアメリカから作曲家のロバート・パターソン氏を迎え 彼の作品を12人の管弦楽

奏者が演奏され、その中で和歌の朗詠もあるのです。

 十二単を着せていただくようでどうなりますやら・・・・・・、どうぞお越しくださいませ。

申し込みは電子メール ConcertB1920@gmail.comです。



 今日は国立文楽劇場へ菅原伝授手習鑑を観に行った。

第一部だったので、引退される竹本住大夫氏ではなかったが、本当に聴き応え見応えのある

 人形浄瑠璃であった。 
[PR]
by roudokukoubou | 2014-04-21 22:58 | 日々の出来事

 万葉の勉強会に月1回行っている。そのグループで、4月8日、つらつら椿(株)企画のバスツアーに参加した。
 なぜなら昨年公演した「暁(あかとき)露に 吾が立濡れし~大津と大伯」の舞台だったから。
e0056050_853317.jpg
大伯皇女が表向きは 亡き父、天武天皇の冥福を祈っての発願とされていますが、本当は 謀反の罪を着せられ自害した愛する弟の大津皇子の為に建立したといわれる「昌福寺」の跡地にある、大伯皇女の歌碑です。うしろは 馬酔木(あしび)の花です。「磯の上に 生ふる馬酔木を 手折らめど 見すべき君が ありと言わなくに」

e0056050_8555549.jpg
今は盛りの「又兵衛櫻」です。

e0056050_856244.jpg
私たちのグループ名にもなっているカタクリの花「かたかご」です。(森野薬園)

灌漑ひとしおだった、 又大願寺の薬膳料理も美味しく、 いたるところ桜が満開、そのうえ立ち寄る歌碑の前での先生のご説明が楽しくて、大満足のTSUBAICHIバス旅行でした。
 2014.4.8 大橋文江
[PR]
by roudokukoubou | 2014-04-08 23:54 | 日々の出来事

湖東三山 湖北を訪ねて

 14.3.31~4.1 琵琶湖の東側をドライブ、 晴天の中、最初は 百済寺。
e0056050_20573297.jpg

なぜか ひゃくさいじ と呼ぶ。
聖徳太子の御願により百済人の為に創建された近江最古の古刹。

 ご多聞に漏れず、信長に焼かれてしまったが、その後再興が図られ江戸時代
 春日局などの喜捨により創建されたのが今の寺院。
e0056050_2057949.jpg

 立派な山門や回遊式庭園は、心落ち着く眺めであった。

翌日は 秀吉縁の長浜城。大河ドラマ 黒田官兵衛の特別展が開かれていた。
e0056050_20594322.jpg



 ついでに黒田家発祥の地、湖北の木之本町まで足を延ばし、ドラマ館を見学。
 こちらはドラマで使われた衣装や小道具、脚本まで展示され、まさにNHKのテーマ館。

 JR木ノ本駅前に設けられた無料駐車場に車を止め、 駅からなだらかな地蔵坂を上り、つきあたりの木之本地蔵院を右折して北国街道を歩く10分ほどの道のりは風情があって楽しめた。
e0056050_214995.jpg
                     「地蔵院本堂脇のお地蔵様」
e0056050_2182752.jpg
       「北国街道の薬屋 ぶら下がっているのは当時の木で作った薬宣伝」


 この地蔵坂で お寿司の昼食を済ませ、地蔵院の前の角屋で和菓子を買って帰路についた。
途中 多賀大社に寄ったりして久しぶりにゆっくりした旅でした。
e0056050_2115299.jpg
                       「多賀大社」
 
                               2014・4・2   大橋文江
[PR]
by roudokukoubou | 2014-04-02 16:47 | 日々の出来事