第2回 葉月の宵

 骨折も何のその、昨夜「葉月の宵」を好評の内に終えることが出来ました。
 特に70歳も半ばを過ぎたYさんが、ある人の戦争体験を10分あまりも覚えて、しかも我が事のように自然な語りをされたのには、アンケ-トで何人もの人が圧巻でした、と絶賛してくださいました。私自身も彼女の努力と謙虚さに脱帽です。後輩への大きな励みになる事でしょう。
 手製の行灯と簾でしつらえた舞台も風情がありまた。
e0056050_1551260.jpg

[PR]
by roudokukoubou | 2006-08-31 19:41 | 日々の出来事

再び骨折をしました。

朝 運転免許証の書き換えに行こうと駐車場へ入ったトタン、
 かっこつけて履いている下駄でくねって「あ!痛」と思ったときは、後のまつり、
   そのまま、吹田警察へ行って手続きは終了しましたが、痛さが普通じゃない!
 外科でレントゲンを撮ると、右足の甲の右側の骨がV字型に折れていました。
足裏からかかとにかけてギブスをしてもらい 大きな男性用サンダルを借りて帰ってきました。

  後のスケジュ-ルは右足を引きずりつつ消化しましたが、この慌て者 治らんなあ・・
[PR]
by roudokukoubou | 2006-08-29 21:13 | 日々の出来事

自分の誕生祝い

e0056050_11552161.jpg  私も夫も9月生まれですので、少し早めの誕生祝いの食事をしました。場所は超一流「帝国ホテル大阪」の24階です。その中で一番お手頃のランチ鉄板焼き、お肉60グラムでしたがさすが味の良いこと!
  見晴らしも良くのんびりしました。 (のんびりしてていいのか!!)
心のどこかで叱責する声を聞きながら どうもすみません・・・



写真は24階レストランからの眺めと、ホテルエレベーターホールにてパチリ!

e0056050_1212254.jpg
 
[PR]
by roudokukoubou | 2006-08-26 22:40 | 日々の出来事

お食事会

e0056050_1152475.jpg今日も日中は暑かったですね。
 その中を、かねての予定どうり金曜教室の皆さんで和風レストランへ行きました。
  11:30現地集合、ランチなので安くて豪華。13:00まで食べておしゃべりして…この夏どんなにすごしたか話し合ったり、日ごろ見えない顔が見えたりして楽しいひと時を過ごしました。
  後は教室に戻ってバッチリ?レッスンしたのは言うまでもございません。
レストランのお庭↑
[PR]
by roudokukoubou | 2006-08-25 22:20 | 日々の出来事

小学4年生

今日図書館で、対面朗読(文芸春秋)を読んでいたとき、利用者の方が用足しの立たれましたら、 可愛い女の子が3人、開けていたドアから顔をのぞかせてにっこりしてくれました。

私も嬉しくなってニッコリして、「ここは目の不自由な人に本を読んでいる部屋よ。」と言うと、頷いて「うん、知ってる。又学校へも本を読みに着てね、4年生だから、4年生!」と念押しして
行きました。 本読みに来ているおばさんだ!と思って声をかけてくれたんですね。 (^^)
[PR]
by roudokukoubou | 2006-08-24 21:04 | ボランティア活動

「おしの」の舞台

e0056050_15314354.jpg
こんにちは!衣装を担当してくださっている「染色館」の辻本先生に教会でのお話しなんですが・・と相談しましたら、 先生が描かれた「アクリル板があるからつかってみては?」言って下さったのがこの写真です。 上につるしてライトを当てたら面白いものになりそう!
と思ったのですが・・・・(^^)/
[PR]
by roudokukoubou | 2006-08-21 15:43 | 日々の出来事

折口信夫原作 川本喜八郎監督「死者の書」を 十三の第七芸術劇場で観てきました。
 二上山に眠る大津皇子の霊と藤原南家郎女の不思議な縁の物語です。
  人形ならではの美しさを堪能しました。

  11/6・7の*言の葉ライブ*で舞台に掛ける、芥川龍之介作「犬と笛」は、飛鳥時代の
 山の精に助けられる笛の上手なきこりのお話ですが、今日の映画を観て
  古の山は当時の人々にとって、日出るところ、日入りぬところとして、特別の思いがあったの   だと感じました。 とても神聖なところだったのですね。
[PR]
by roudokukoubou | 2006-08-19 20:43 | 日々の出来事

小学校への読み語り

第3木曜日の今日、亥の子谷の教室で学校支援ボランティアをしている人たちのレッスンでした。
一ヶ月に11回、各日3クラスづつ 33教室へ伺います。 一人3回から5回8:35~10分間の予定を組みます。

本をきめ稽古をし各クラスへもってまわります、学年は1年から3年まで。
子供達と共に楽しみ共に学ぶということでしょうか。
[PR]
by roudokukoubou | 2006-08-17 21:09 | 日々のお稽古

千の風になって

以前朗読教室で読んだ「千の風になって」のお話を
 光明寺の法座でお聞きしようとは思いませんでした。
 今夜の浄土真宗のT導師は この詩がアメリカの原住民の血を引く18歳の女性の
   作品であり、我々日本人(東洋人?)と共通する世界観だといわれました。
 
 私のお墓の前で泣かないで下さい
  そこに私はいません 眠ってなんかいません

 せんの風になって せんの風になって
  あの大きな空を 吹きわたっています。

 (光や雪や鳥や星になる ・・・自然に帰るとはまさに仏教思想に通じます)とのべられ、
   私はなるほどとおもったのです。 あなたは如何でしょう。
[PR]
by roudokukoubou | 2006-08-16 23:55 | 日々の出来事

ほわほわクラブ

第2月曜日は乳幼児の絵本と歌遊びです。
 お盆にはいったので傘下は少ないかなとおもっていましたが、
5組の子供達が着てくれました。

 おばあちゃんと一緒のKちゃんは先月からの参加で1歳です。
  うなずいてみたりさわってみたり可愛い女の子。6ヶ月の赤ちゃんが二人。
 一人はお父さんに連れられて、ニコニコしています。
絵本は「おててがでたよ」他7冊。紙芝居は「おくちをあ-ん」をしました。
[PR]
by roudokukoubou | 2006-08-14 19:20 | ボランティア活動

声の響きと作品の心を表現してみませんか…