<   2006年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

メイシアタ-中ホ-ル

今日は芸術芸能フェスティバルの日でした。
なかなか中ホ-ルに立つ機会って少ないものですから、出た人はいい経験になったと思います。
私は舞台袖で台本を握り締めドキドキしていましたが、皆しっかり語り終えたようです。
さすがメイシアタ-のスタッフの方々です、音も照明もバッチリ。
音源は韓国のパンソリから採用したのですが、見事にはまっていました。
見に来てくださった方、ご協力いただいた方、有難うございました。
e0056050_23192648.jpg
e0056050_23193567.jpg
e0056050_23194331.jpg

朝鮮民話 ”仙女ときこり” より
[PR]
by roudokukoubou | 2006-01-28 23:08 | 公演案内

京ことば源氏物語

昨今のわたしの頭の中は、京都弁が舞っている。
京都生まれの友人に、京ことば源氏物語の私のテ-プを聞いてもらった。

 彼女曰く。「京都弁とても上手ですね」(一応ほめる)
でも「おしやすけど」の“や”の高さがちがうんですよ。京都弁は“や”を高くします。
なるほどなるほど!、やを高くすると 京ことばに聞こえてきました。
有難うございます!!というわけで、3月30日の公演がおわるまでは、
私の頭の中は、京言葉が舞い放題です。ほんなら、どなたはんもさいなら・・・。
[PR]
by roudokukoubou | 2006-01-26 22:30 | 日々のお稽古

もこもこクラブ

水曜教室の後に、「もこもこクラブ」で聞いて頂く物語の稽古をしているところです。
e0056050_17322037.jpg  もこもこクラブと申しますのは、毎週金曜日の午前中、内本町コミセンに高齢者の方が15人くらい集まって、お料理をしたり、ストレッチをしたりしています。そして第4金曜日は朗読の日になっており、朗読工房の生徒さんと私とで、もこもこクラブに参加し、詩や百人一首を
一緒に読んだりしています。
  人生の先輩にいろいろ教えていただく事も多く、私にとっても楽しい2時間です。
[PR]
by roudokukoubou | 2006-01-25 18:08 | ボランティア活動

吹田ひろの会

ひろの会のひろはほんとうは漢字なのですが、ワ-プロに出ないのでゴメンナサイ。
今日はこの会の活動デイでした。
午前中は総合福祉会館で2時間、新聞をテ-プに入れながら対面朗読。
午後は会議で、来月の予定を立てたり、会長さんの連絡をきいたり 読みの勉強をします。
 私は「ひろの会」の暖かい雰囲気がとても好きです。
リ-ダ-お二人のお人柄もステキだし、会の皆様もハ-トの暖かい人たちだからです。 

今日も役員の方が 私の至らない点をきっちりと指摘してくださって、あるべき姿を教えてくださり、本当にうれしかったのです。
陰口も多い中、私に直接教えてくださったのは、ありがたいことでした。
これからも よろしくお願いいたします!
[PR]
by roudokukoubou | 2006-01-23 18:16 | 日々の出来事
昨日中央図書館で 読み語りの歴史と今どのように物語を語るか 
というような講座を受けました。
 講師の先生は実践も抱負な方でとても内容豊かでした。
作品と聞き手と読み手がつくる「場」の力、  
語る人の人間性の大切さ・・生涯の課題に思えました。

 医者に通う用事がふえて、 午前中の仕事にもぎりぎりに到着、午後ののぞみ会の教室
でもみんなが心配してくれてほんとに すみません。

 事故証明を頂くために警察にTELしましたら、大きなパトカ-が来て、それに同乗して
現場まで案内し 現場検証をしてしまいました。 なんて大変!
[PR]
by roudokukoubou | 2006-01-20 23:56 | 日々の出来事
怪我のお見舞い有難うございます。幸い足と口が大丈夫でしたので、今日も午前中動く右手の指を駆使して車を運転し いのこへ朗読教室の会議に出席し 午後は水曜教室でした。
でも目の周りの青あざはますます広がり下がって来たので、人前では眼帯をして、
伊達政宗でレッスンしています。21日土曜日に糸を抜くそうですが、何針だったのでしょう と聞くと「たくさん針です」と先生は笑われました。右手のギブスはいつ取れるか怖くて聞いていません。 怪我にもめげず、忙しくしていますのでご安心下さい! 有難うございました。
[PR]
by roudokukoubou | 2006-01-18 23:26 | 日々の出来事

大怪我?

1月28日(土)吹田市芸術芸能フェスティバルに
 朗読工房の6人が出演いたしますので今日のリハ-サルの写真は
見て頂きたかったのですが、朝小学校への読み語りに行く途中、自転車操作を
誤りまして、左側の学校の塀に激しく接触、目の上をメガネのレンズで深く切り、
右手首は骨折と相成りました。
 保健の先生に付き添われて整形外科に行くという
わんぱく生徒になってしまい、本の読み語りも出来ず申し訳の無いことでした。
幸い、口と足はピンピンしていますので、メイシアタ-まで歩き、午後の
リハはキッチリ出来ましたが、写真がなくて残念です。
  これからは落ち着いて気をつけます。m(_ _)m
[PR]
by roudokukoubou | 2006-01-16 17:31 | 日々の出来事

ハ-モニカ演奏会

久しぶりに雨の一日でしたね。
  今日はJR高槻駅前の市民交流センタ-8階で催された
「ハ-モニカ迷人コンサ-ト」へお邪魔しました。
と申しますのも、迷人のなかに昨年中欧へ参りました時に
ご一緒だった方と、朗読工房の人が居られたからです。
  彼はオ-ストリアの湖畔で「エ-デルワイス」をみんなに
聞かせてくださり、とても良い思い出を作ってくださった人なのです。
今日の「ラブ・ミ-・テンダ-」の演奏も情緒たっぷりでした。
  朗読工房の彼女は、ハキハキと司会をこなしていましたし、
「ブ-ベの恋人」も微妙に低音が刻まれていて、中々の出来栄えでした。
  皆様それぞれにお上手で、ハ-モニカの哀愁ある音色を楽しみました。
[PR]
by roudokukoubou | 2006-01-14 17:35 | 日々の出来事

地鎮祭

e0056050_1832302.jpg先日 小さいハイツの地鎮祭をいたしました。
宮司様のお骨折りでとても立派な祭壇とお供え物でしたので、ちょっと写真をご披露してしまいました。
 施工業者もキチンと司会をされて、滞りなく終了した次第です。
後ろ向きでゴメンナサイ。
[PR]
by roudokukoubou | 2006-01-13 18:51 | 日々の出来事

読書会

日付が変わってしまいましたが、一応今日12日は吹田子供の本連絡会の
定例読書会でした。 イギリスの女性作家 バ-リ-・ドハティの
「アンモナイトの谷」です。15歳の少年ジェ-ムスは愛情を一杯注いでくれる
養父母に内緒で、自分の出生の秘密を探る旅にでます。生みの親に最後に会える
のですが、彼は大きく成長して、養父母のもとに帰ってきます。
中々楽しく 一気に読める本でした。
[PR]
by roudokukoubou | 2006-01-13 00:25 | 日々の出来事