樫山文枝さんの(虹の空)の朗読

27日(土)の午後、朗読工房の人たちと4人で、天満橋のホ-ルへ朗読を聴きに行った。
800人ほどの開場は満席、樫山さんが、藤沢周平作の「虹の空」をバイオリンと共に、しかも洋装で読まれたけれど、 さすが 歯切れもよく登場人物の声の描き分けも見事で江戸の情景が目に浮かぶようでした。若者、 娘、母親 一人一人の台詞も納得できて、本当に勉強になりました。
終わった後のご挨拶で、8月に急逝された南風洋子さんの代役で来られたこと、又劇団民藝
を宜しくとおっしゃる言葉にも お人柄の清清しさが感じられて素晴らしい女優さんだと思いました。 
[PR]
by roudokukoubou | 2007-10-29 23:38 | 日々の出来事

声の響きと作品の心を表現してみませんか…
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31